日本温泉科学会のご案内

 日本温泉科学会は、昭和16(1941)年に創立された70年の歴史をもつ温泉に関する総合科学の学会です。

日本温泉科学会の生い立ち

 日本の温泉学は古く徳川時代にさかのぼることができ、後藤良山、拓植竜州、宇田川榕菴らによって温泉の医療的効果の研究や温泉分析などが行われています。明治時代に入り西洋文化の流入と共に、科学の進展に伴って、温泉に関しての近代的な研究も行われるようになり、大正時代の終わりから昭和時代の初め頃には、化学・薬学・物理学・地質学・生物学など広く科学の全分野にわたり、熱心な人々の手によって温泉の科学的な研究が行われるようになりました。また、その頃、温泉の啓蒙・発展などを目的とした『社団法人日本温泉協会』の設立(昭和4年)、温泉医学の専門的研究を目指した『九州大学温泉治療学研究所』の開設(昭和6年)、温泉医学に関する研究者の集団である『日本温泉気候学会(現在の日本温泉気候物理学会)』の発足(昭和9年)など、温泉に関する組織的な活動拠点も形成されるようになり、日本における温泉に関する研究は着々と進みました。

 このような背景のもと、「温泉に関する諸々の科学的研究調査を推進し、温泉に関わる施策の基礎確立に寄与する学会」の設立の機運が高まり、その準備段階として昭和14年10月7日に『温泉研究談話会』が発足、同時に『温泉研究談話会誌』が刊行されました。そして、昭和15年11月9日の談話会幹事会において、『温泉研究談話会』を発展的に改組して、『日本温泉科学学会』の成立を決議し、翌昭和16年1月27日には学会としての第1回講演会が開催され、同年8月18日に学会誌『温泉科学』第1巻第1号の発刊がなされました。

 その後、学会発足と同時期に始まった太平洋戦争(第二次世界大戦)の戦局悪化により、講演会の開催と学会誌の発行が不可能な状態となり、昭和18年10月以降学会活動は停止を余儀なくされましたが、昭和23年5月1・2日に兵庫県の城崎温泉で開催された第1回学術大会をもって活動を再開し、翌昭和24年7月20日には学会誌『温泉科学』の第3巻第4号も発行されました。それ以降は、学術大会開催と学会誌発行が間断なく毎年行われ、昭和36年8月17日には学会名を『日本温泉科学会』に改め現在に至っています。

歴代会長一覧〔PDF形式:75KB〕

平成28~29年度会長(井上源喜)挨拶〔PDF形式:137KB〕

活動の内容と理念

 日本温泉科学会の主な活動は、毎年開催される学術大会(特別講演・公開講演ならびに研究発表、会員総会)とエクスカーション(巡検)日本各地の温泉地で開催される学術大会「日本温泉科学会大会」や温泉分析法研究会、学会誌「温泉科学」の年4回発行等です。

 日本温泉科学会は、これまでにも増して、自然現象である温泉、温泉と関係のある諸々の現象、そして、それらと人間・社会との関わり合いなど、温泉に興味をもつすべての人々が参加し、温泉を多面から討論し、より深く理解する場を提供できる、開かれた学会となることを目指しています。

学会員

 会員は、通常会員(学生会員を含む)・購読会員・賛助会員等からなり、地球物理学・地球化学・放射化学・地質学・地理学・温泉医学・温泉生物学・温泉工学・温泉文化などの研究者や、温泉探査・温泉掘削の技術者・温泉管理者・温泉経営者など広範囲の分野の方々で構成されています。

各種学会賞および名誉会員選考規定

 本学会では、「日本温泉科学会功労賞」、「日本温泉科学会奨励賞」、「日本温泉科学会特別賞」、「第XX 回日本温泉科学会ポスター賞」、および名誉会員を設けております。各選考規定は以下をご覧下さい。

◆日本温泉科学会賞選考規定〔PDF形式:97KB〕
◆日本温泉科学会名誉会員選考規程〔PDF形式:95KB〕

日本温泉科学会事務局

〒143-8540
東京都大田区大森西5-21-16
東邦大学医学部生物学研究室
TEL:03-3762-4151
FAX:03-3761-0546